2009年 07月 12日
「更新情報」
b0182632_23195556.jpg

クリアー系クォーツを2点UPしました。
写真はイシスのエッチド・クォーツです。
 
さまざまな形状のクリスタルの中ではイシス・クリスタルが
個人的に一番好きです。
いつ見ても凛とした美しさがあります。
左右が非対称でもイシスと呼んでいるケースも
見受けられますが、出来る限り左右対称であることが
大切な条件ではないかと思います。
空気感が全然違います。
# by web-natureworks | 2009-07-12 23:23 | 更新情報
2009年 07月 11日
「Melody♪」
b0182632_0254243.jpg

Melody♪(メロディ)さんの集大成ともいえる「LOVE IS IN THE EARTH」シリーズの
ENCYCLOPEDIAです。ページ数965ページ、重さはなんと4Kgにも及びます。
 
その分、ありとあらゆる鉱物が写真と成分、メタフィジカル的な意味合いと併せて
記載されています。
ただMelody♪さんの英文はかなり難解で、翻訳を生業としている方にも
見てもらいましたが、やはり言い回し等、わかりにくいそうです。
辞書を引けばわかる類の英文ではないのでなんとなくしか理解できませんが、
これだけの数の鉱物に対して詳しく言及されている書籍は
他に無いので調べものには重宝します。

この本はMelody♪さんからプレゼントしていただいたものなのですが、
ちょっとしたサプライズがありました。
巻頭に約300人ほどの名前を挙げて一行から数行に渡って
Melody♪さんからの感謝の意が記されているのですが、
その中に数名(多分、6-7名)の日本人の名前が記されており、
愛弟子であるアースラブ・ワークスの塩原さんや
KCジョーンズの二宮さんなどの名前とともに
私の名前を記していただきました。

なにも知らされていなかった私はもうほんとびっくりで、
大変光栄なことであり、とても嬉しく思いました。
そして、あぁーMelody♪さんらしい思慮だなーと
暖かい気持ちになりました。
 
細かく確認していませんが、約300人に対して
同じ文章は無いみたいです。
一人一人を思い出しながら文章を記したのだと思うと
やっぱり「Melody♪さんらしいなぁー」と思います。
 
この本が日本で出版されて、日本語で読めたら
楽しいなーと思いながら出版を待つこととします。
 
# by web-natureworks | 2009-07-11 00:49 | Melody♪
2009年 07月 02日
「Mt.IDA(マウント・アイダ)」(4)
b0182632_18301250.jpg

この2本のクリスタルはMt.IDA(マウント・アイダ)の鉱山で
ほぼ同時に同じポケットで採れたものです。

左側は採れた状態のままのもの。現在は土が乾いてしまっていますが、
採れたときは水分を含み、べとっとした粘土状の土でした。
 
右側は粘土に包まれたクリスタルを洗浄したものです。
通常、見慣れたクリスタルになります。

洗浄してみて初めて「こんなにきれいなクリスタルなんだー」とわかります。
# by web-natureworks | 2009-07-02 18:36 | Mt.Ida(マウント・アイダ)
2009年 06月 30日
「MGMクォーツ」(3) 更新情報
b0182632_11541355.jpg

MGMクォーツを6点掲載しました。
画像はダウ・クリスタルのMGMクォーツです。

参考までにMelody♪(メロディ)さんの著書(原書)から
MGMクォーツのページの一部を抜粋いたします。

「ネガティブなエネルギーや人ごみなどの混乱したエネルギーによるダメージから身
を守ってくれます。MGMクォーツを携帯したり、身につけたりすることで肉体、
エーテル体、感情レベルで保護、防止効果が働きます。
このクォーツはオーラの中にエネルギー・フィールドを構築しますので、
肉体レベルで大気や水の汚染物の持つネガティブなバイブレーションを
払いのける手助けをします。
それは他にないユニークなプロテクターであり、すばらしい石ですから、
危険な仕事に関わる際には必ず携帯するといいでしょう。」

上記の文章は「EARTH-LOVE WORKS」の作成した文章から
許可をいただき抜粋しております。

Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
# by web-natureworks | 2009-06-30 12:05 | MGM クォーツ
2009年 06月 23日
次回更新予定
b0182632_2023114.jpg

次回の更新予定のご案内です。
トップクォリティーのMGMクォーツをご案内させていただく予定です。

同じMt.Ida(マウント・アイダ)でもMelody♪(メロディ)さんのMGMでは
透明感の高いクリスタルはあまり産出されなかったようで、
今度ご紹介する予定のMGMクォーツは他のアーカンソー産の
トップグレードと比べても遜色の無い透明感を持ちます。
 
通常、MGMクォーツはかなり小さめ(指の爪くらい)のものが
主ですので、このくらいの大きさでこの透明感は
MGMクォーツ全体流通量の1%以下かと思いますので
希少なものとなります。
 
またこのブログで更新のお知らせをいたしますので
ご確認ください。
 
Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
# by web-natureworks | 2009-06-23 20:15 | MGM クォーツ
2009年 06月 12日
「MGM クォーツ」(2)
b0182632_23315587.jpg

写真はMGM鉱山跡です。
MGM(Melody Green Mine)はMelody♪(メロディ)さん自身、天然石にかかわる者として
一度は鉱山を持ち、一から採掘を体験してみたいという思いで開かれた鉱山です。
ですからその体験をしたあとは鉱物が枯渇する前に閉山し、埋められました。
 
市場では流通していたと思いますが、日本で具体的に紹介されたのは
3年前、Melody♪さんが初来日の際に開催したワークショップでの
ことと思います。
あるクリスタルメソッドで通常、何手順か必要なプロセスを
一手順で可能にする石として紹介されました。

MGMクォーツに関して、素朴&個人的な疑問としてMelody♪さんに
「クリスタルワークを学ばない普通の人にとってはどうですか?」と
聞いてみたところ。
MGMクォーツはネガティブなエネルギーから自身を守る資質があり、
石を手で握ることで作用するというようなことをいっていました。
 
(注)Melody♪さんのクリスタルワークの概念のひとつとして
石に対して圧力と温度変化を与えることによって
石の作用を活性化させるという概念があります。
握る圧力と手の温度によって作用するということになります。
# by web-natureworks | 2009-06-12 23:50 | MGM クォーツ
2009年 06月 09日
「Mt.Ida」(4)
b0182632_0183122.jpg
b0182632_0184522.jpg


クリスタルはサンド・ストーンと呼ばれる岩と岩の隙間にポケットと呼ばれる
赤い粘土状の場所が在り、そこから採れます。
あるクリスタルは岩盤にくっついてクラスター状に産出して、
あるクリスタルは多分、地殻変動により岩盤から切り離され、
粘土状の土に埋まっている感じです。

肉眼ではサンド・ストーンとポケットの境目がはっきりしていたのですが、
写真になるとわかりにくいです。

二枚目の写真が採れたばかりで、粘土が付着したクリスタルです。
 
(今回は私の写真がよく撮れていなかったので、同行したアースラブ・ワークスの
塩原氏の写真をお借りしました)
# by web-natureworks | 2009-06-09 00:25 | Mt.Ida(マウント・アイダ)
2009年 06月 05日
「Mt.Ida」(3)
b0182632_22545963.jpg
b0182632_22551064.jpg

アーカンソー州Mt.Idaで現在、商業的に成り立っている数少ない鉱山のひとつです。
当然ながら通常、立ち入ることは出来ませんが、Melody♪(メロディ)さんから鉱山業者を
紹介していただき立ち入ることが出来ました。
(もっとも人里離れた山林の中、道に迷ったとしてもここにたどり着くことはないかと…)

写真をご覧になってわかるように車が入れるところから更に深い場所で採掘しています。
(撮影はさらにその上方の崖から撮っています)

地面を下に掘ってから、横に掘り進むような感じで、おおまかな掘削は重機で行います。
# by web-natureworks | 2009-06-05 23:03 | Mt.Ida(マウント・アイダ)
2009年 06月 04日
「Mt.Ida」(2)
b0182632_20553173.jpg
b0182632_20554327.jpg

宿泊したモーテルの名も「Crystal Inn」。
さすがアーカンソーです。

Mt.IdaはOuachita National forestという広大な国有林の中に位置し、
クリスタルはOuachita湖の北側と南側(Mt.Ida)で産出するそうです。
北側の鉱山数は僅かで、数としてはほとんどがMt.Ida周辺に集中しているようです。

80年代には非常に多くのクリスタル鉱山があったそうですが、
多くの鉱山が閉山し、今では商業的に成り立っているのは
ごく僅かの鉱山とのことです。

通常、天然石は銀やレアメタルなど価値の高い鉱物資源を採掘する際の
「ついで」的な副産物として産出するケースが多いそうで、
Mt.Idaのようにクリスタルのみを採掘するために資金を投入するのは
よほどコンスタントに良質なクリスタルが産出しなければ赤字になってしまいます。

今回、鉱山に入ったことでリアリティーを持って流通を考えることが出来ました。
# by web-natureworks | 2009-06-04 21:12 | Mt.Ida(マウント・アイダ)
2009年 06月 04日
「Mt.Ida」
b0182632_2094360.jpg


先日、Earth-love worksの塩原氏から「melody♪(メロディ)さんから
3月にアーカンソー州のMt.Idaに来ないかと誘われているのだけど、
一緒にどうですか?」という打診を受けました。
話を聞くとクリスタルの鉱山に立ち入ることが出来るとのことで、
久しぶりにMelody♪さんにも会いたいという想いもあり、
ご一緒させていただくことにしました。

ダラスから車をとばすこと約6時間、アメリカの映画に出てくるような、
小さな田舎町Mt.Idaに到着しました。
メインストリートの両脇には「自分で掘ろう!」というような看板を
あちこちに見ることが出来ます。
そしてそのほとんどが小さな鉱山と上の写真のようなショップを持っています。
 
実際、そこでクリスタルの採掘を体験できるのですが、
市場に出回るような質、大きさのクリスタルが産出することはほとんど無く、
観光用の鉱山とのことでした。
で、帰りにショップで記念にクリスタルを購入。。。というパターンらしいです。
(鉱山元とは思えない、すごーーーく高い価格で売られていました・苦笑)
# by web-natureworks | 2009-06-04 20:25 | Mt.Ida(マウント・アイダ)



Mt.アイダの鉱山にてクリスタルを採掘をする店主
by web-natureworks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧