<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2016年 05月 27日
「更新情報」 ブランドバーグアメジスト / ピンクファイアークォーツ
b0182632_19273919.jpg

b0182632_19274947.jpg

ブランドバーグアメジストの結晶とピンクファイアークォーツのPTをUPしました。

どちらもエレガントという言葉がぴったりなクォーツです。
シャクラでいえばアメジストの紫は第七シャクラで、
ピンクファイアーの赤は第一シャクラと一番上と下ですが
その輝きは共通する雰囲気を感じさせてくれます。


・ブランドバーグアメジスト 結晶 C1837

・ピンクファイアークォーツ PT C1838 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-27 19:38 | 更新情報
2016年 05月 24日
「更新情報」 シトリンクォーツ 結晶
b0182632_17261683.jpg

b0182632_17262669.jpg

ブラジル産の大きなシトリンクォーツの結晶をUPしまた。

ずしっと約2.3kgの迫力のシトリンです。
結晶の形状自体はスッとした美しい形状ですが、
ファセット面や背面を見ると非常に複雑で深みのある
別の美しさがあります。
 
高価なクォーツですが、この深みのある美しさは手にする価値のある
クォーツだと感じます。


・シトリンクォーツ 結晶 C1836 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-24 17:35 | 更新情報
2016年 05月 17日
「更新情報」 チタニウムinクォーツ
b0182632_1945410.jpg

b0182632_195671.jpg

チタニウムinクォーツの結晶を2点UPしました。

毎回、言っているような気もしますが大好きなクォーツです(笑)
もう何年も採掘されていないので、あまりたくさんはご紹介できませんが、
手に入る限りは少しずつご紹介して行きたいと思います。


・チタニウムinクォーツ 結晶 C1834 ※SOLD OUTとなりました。

・チタニウムinクォーツ 結晶 C1835 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-17 19:08 | 更新情報
2016年 05月 16日
「石について想うこと」 情報の転送について
b0182632_1643699.jpg

以前から疑問に思っていたこと。
よく“レムリアで使われていたクリスタル”とか“アトランティスの智慧を記録したクリスタル”などと
いわれますが、果たして“その当時”のクリスタルと、“現在、手にしている”クリスタルとは
同一のものなのか?

それに疑問を持つきっかけなったのはもう16-17年前に手にしたブラジル産の
スモーキークォーツの結晶で行ったワークで、アトランティスの記憶の断片を
思い出したときに、そのときに手にしていたクリスタルと、今、手にしているクリスタルが
全く違っていたことでした。
説明がつかないまま、多分、このスモーキーは当時、自分が手にしていたクリスタルではなく、
そのときの情報を持った別のクリスタルなんだろうという認識をしていました。

レコードキーパー・クリスタルにしても、レムリアンシードにしても
情報をプログラムして地中に埋めたといわれています。
当時のテクノロジーを持ってすればそれも可能か…という認識でいましたが、
去年でしたか、ふと疑問が蘇って来ました。
それは7年ほど前に米国アーカンソー州で、実際にクリスタルの採掘を経験したことも
大きな要因だと思います。
もちろん古代文明とは関係ありませんが、地上においての最初からの“流れ”を
知ることができたことで、物理的に体験した以上のさまざまなことを知ることが
出来たのだと思います。

あまり今まで考えたことは無かったのですが、例えばアトランティス文明では
クリスタルがさまざまな形で使われていたといいます。
それは毎日地中を採掘して、「あー、これはデータ保存用に向いてるね」とか
「これは動力源に使えるね」などとやっていたわけは無いですよね(笑)
まあ当時のテクノロジーがあれば、物質の瞬間移動のような形で
地上に掘り出し、地中に埋めることが出来たのかもしれませんが、
それにしても、クリスタルは地球のマグマの熱で温められた熱水の中で
成長し、地殻変動により地表近くに押し上げられてきたという形成過程を
考えるとなんだかピンと来ません。

それについて、詳しく解説してくれている情報も見当たらず…。
そんな中、自分にとってしっくりと来たイメージとしては
“四次元の光を三次元に物質化して創られたもの”
あー、そうそうそうだったという感じで独り納得しました。
もしくはアトランティスの中核は物質の世界ではなく、
3次元と4次元の間のような世界だったかもしれない。

いずれにしてもいわゆる古代文明版の人工クリスタルです。
全く不純物の入っていない100%のクォーツクリスタル。
それをさまざまな形で利用していた。
ただ、それがどのような方式で地中にある自然のクリスタルに移動したのか?

そこで個人的に信頼しているある方のリーディングを受けたときに質問してみました。
まず「当時のクリスタルは四次元の光を物質化したものですか?」という質問は
「その通りです」とのことで、次に「どうやって情報や特性が移動したのか?」という質問に
ついては、「それぞれのクリスタルに特有の周波数があり、それに同調する同じ周波数の
クリスタルに転送された」との答えでした。
なんらかの形で転送はされたんだろうと思ってましたが“同じ周波数”ということなんですね。

で、なんとなくスッと腑に落ちてしまったので、それ以上、質問はしなかったのですが、
例えばアトランティス崩壊のタイミングで転送されたのか?
それならばその時点ですでに例え小さくとも地中にそのクリスタルが存在していたということ?
それとも、もっともっとずっと後の時代になってから、一旦、四次元に留まった情報が、
同じ周波数のクォーツに転送されたか?
感覚的には後者なんですけどね。

と、まあ変に現実的な話とメタフィジカルな話が同居しているので、
説明できないことも多いですが、自分にとってはひとつ納得できたクリスタルの謎でした♪

※上の写真は16-17年前の実店舗運営時に、店の中心的な存在となるように
 仕入れた1.7kgほどあるロシアンレムリアン・クォーツの結晶です。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-16 17:49 | 石について想うこと
2016年 05月 13日
「更新情報」 ジェミーロードナイト 原石/ブッケンハートジャスパー ワンド
b0182632_17541033.jpg

b0182632_17542038.jpg

ジェミーロードナイトの原石とブッケンハートジャスパーのワンドをUPしました。

どちらもメロディさんが特別な石と認定したグランドフォーメーションの石です。
深紅のジェミーロードナイトは見た目も美しく深遠さと透明感を
併せ持つ素敵な石です。

ブッケンハートジャスパーはワンドに磨かれており、
積極的にヒーリングに使って欲しい一品です。
特にジャスパーに含まれるクォーツの部分ですが、
そのほとんどは白っぽいクォーツの場合が多いのですが、
このジャスパーに含まれるクォーツは透明感があり
ちょっと雰囲気の違うブッケンハートジャスパーになっています。


・ジェミーロードナイト 原石 C1832

・ブッケンハートジャスパー ワンド C1833 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-13 18:32 | 更新情報
2016年 05月 11日
「更新情報」 レインボーボージャイ ペア
b0182632_18475563.jpg

b0182632_1848777.jpg

レインボーボージャイのペアを2setUPしました。

同じレインボーのペアと言ってもそれぞれ大きさも色合いもペア各々の雰囲気も全然違いますし、
ベーシックな部分での特性は同じでも、実際に使うときはそれぞれ違った部分に
作用するのではないかと思います。
この辺が自然の産物の面白いところです。


・レインボーボージャイ ペア C1830

・レインボーボージャイ ペア C1831


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-11 18:54 | 更新情報
2016年 05月 09日
「更新情報」 MGMクォーツ ポリッシュ
b0182632_1735041.jpg

b0182632_1735103.jpg

MGMクォーツのポリッシュを2点UPしました。

アースラブ・ワークスの塩原さんによる手磨きです。
C1828は小さく携帯に便利なポリッシュです。
MGMクォーツの特性を外出先で活かそうと思っても、
単結晶やミニクラスターは、そのままポケットに入れて
持ち歩くわけにも行きません。
このサイズで丸みを帯びたポリッシュでしたら、破損を気にせずに
持ち歩くことが出来ると思います。
 
C1829は出来るだけ元の単結晶の形を崩さずに磨かれたポリッシュ。
単結晶的な要素、感触をしっかりと感じ取ることができました。
ポリッシュと原石(単結晶,クラスター)は共に石の本質は変わりませんが、
雰囲気はもちろん変わります。
ポリッシュですが、単結晶的な雰囲気を求められている方にお薦めです。
 

・MGMクォーツ ポリッシュ C1828 ※SOLD OUTとなりました。
 
・MGMクォーツ ポリッシュ C1829 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-09 17:49 | 更新情報
2016年 05月 05日
「更新情報」 スーパーセブン PT
b0182632_1714252.jpg

b0182632_172014.jpg

スーパーセブンをワイヤーで巻いたPTを2点UPしました。

C1826のPTはレピドクロサイトの赤い針が印象的なルースです。
赤い針がびっしりと連なって黒に近く見えるほどです。
ルース自体は大きくありませんが、力強さと重量感を感じます。

C1827はスーパーセブンのルースには珍しいカタチのフリーカットです。
水彩画のようなアメジストの美しさを持ち、存在感のあるPTで
女性はもちろん、男性が身に着けても似合うデザインだと思います。


・スーパーセブン ルース PT C1826

・スーパーセブン ルース PT C1827 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-05 17:14 | 更新情報
2016年 05月 03日
「更新情報」 ネフライト-クォーツ スライス / ラリマー ポリッシュ
b0182632_1816457.jpg

b0182632_18165418.jpg

b0182632_1817470.jpg

ネフライト-クォーツのスライスとラリマーのポリッシュをUPしました。

ネフライト-クォーツはメロディさんが認定したグランドフォーメーションの石のひとつで
地殻変動によってネフライトにクォーツが取り込まれてひとつの石となったと考えられていて、
珍しい形成過程を持つ石です。
ネフライトの深く重い色合いとクォーツの明るい雰囲気が好対照な独特の石です。

ラリマーは澄んだマリンブルーと深みを持ったマリンブルーの色合いが
鬱々とした気分を晴れやかにしてくれます。
アースラブ・ワークスの塩原さんによる丁寧な手磨きで、
上質のポリッシュが完成しました。


・ネフライト-クォーツ スライス C1823 ※SOLD OUTとなりました。

・ネフライト-クォーツ スライス C1824 ※SOLD OUTとなりました。

・ラリマー ポリッシュ C1825 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2016-05-03 18:25 | 更新情報



Mt.アイダの鉱山にてクリスタルを採掘をする店主
by web-natureworks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧