<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2013年 05月 31日
「更新情報」 グリーンファントムクォーツPT/メタモルフォーシスPT
b0182632_1931441.jpg

b0182632_19311611.jpg

b0182632_19312739.jpg

グリーンファントムクォーツPTを2点/メタモルフォーシスヒーリングロッドPTを1点UPしました。

グリーンファントムはミントグリーンの爽やかなPTです。
結晶をワイヤー加工したものとポリッシュをワイヤー加工した2点ですので、
お間違えの無いようにお願いします。
結晶のPTはやはり自然味溢れる力強い雰囲気で、ポリッシュは
スタイリッシュで軽やかな印象です。

メタモルフォーシスのヒーリングロッドPTはスターの入り方が珍しく、
表面に浮き上がるスターは皆*状のスターなのですが、
透過光のスターは大体拡散した不規則なスターになりますが、
これは透過光のスターもクッキリ*状のスターになります。

個体差なのでどれが良いということではありませんが、
なかなかパワフルに感じます。


・グリーンファントムクォーツ PT(結晶)C1189 ※SOLD OUTとなりました。

・グリーンファントムクォーツ PT(ポリッシュ)C1190 ※SOLD OUTとなりました。

・メタモルフォーシスクォーツ ヒーリングロッド PT C1191 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-31 19:42 | 更新情報
2013年 05月 30日
「更新情報」 アラゴナイト/ジェット/ルチルクォーツ From Melody♪
b0182632_17525371.jpg

b0182632_1753447.jpg

b0182632_17531599.jpg

メロディさんのコレクションからアラゴナイト/ジェット/ルチルテッドクォーツをUPしました。

前回に引き続きメロディさんのコレクションから。
今回もやっぱり渋くて味があります♪


・アラゴナイト C1186 ※SOLD OUTとなりました。

・ジェット 4個set C1187 ※SOLD OUTとなりました。

・ルチルテッドクォーツ 球 9個set C1188 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
 
by web-natureworks | 2013-05-30 17:58 | 更新情報
2013年 05月 27日
「更新情報」 ローズクォーツ/モリブデナイトinクォーツ/ファセッテッドボール From Melody♪
b0182632_18483798.jpg

b0182632_18484763.jpg

b0182632_18485740.jpg

メロディさんのコレクションからローズクォーツ・エレスチャル/モリブデナイトinクォーツ
/ファセッテッドボール3個setの三点をUPしました。

今回のメロディコレクションからは渋めのクォーツ三点です。
どれもジンワリ味のあるクォーツですので、ゆっくりご覧下さい。
それにしてもグランドフォーメーションの石達もそうですが、
メロディさんのコレクションの石達は“ギラギラ”“ビカビカ”とか
派手な雰囲気の石はあまり無いですね。


・ローズクォーツ エレスチャル C1183 ※SOLD OUTとなりました。

・モリブデナイトinクォーツ C1184 ※SOLD OUTとなりました。

・ファセッテッドボール 3個set C1185 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-27 18:55 | 更新情報
2013年 05月 22日
「更新情報」 トライゴーニッククォーツ
b0182632_1622114.jpg

b0182632_1623488.jpg

b0182632_162456.jpg

b0182632_1625729.jpg

トライゴーニッククォーツを4点UPしました。

手頃なトライゴーニックは、あるときはあるのですが、いざ仕入れようと思うと
なかなか見つからなかったりします。
どれも▼がびっしりのトライゴーニックです♪


・トライゴーニッククォーツ C1179 ※SOLD OUTとなりました。

・トライゴーニッククォーツ C1180 ※SOLD OUTとなりました。

・トライゴーニッククォーツ C1181 ※SOLD OUTとなりました。

・トライゴーニッククォーツ C1182 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-22 16:12 | 更新情報
2013年 05月 17日
「更新情報」 MGMクォーツ ポリッシュ
b0182632_1730296.jpg

b0182632_17311366.jpg

MGMクォーツのポリッシュを2点UPしました。

C1177のポリッシュは小ぶりですが、高い透明感を持ちます。
ポリッシュなので一概には比べられませんが、産出した結晶の
MGMクォーツの中でもトップクラスの透明感です。
磨きが丸みを帯びた磨きなので、全体的な印象は柔らかな雰囲気のポリッシュです。

C1178はドーン&コロッとした重量感のあるポリッシュです。
ファセット面の6面は天然のままで手を加えず、
柱面からボトムに磨きをかけているため、ナチュラルなトップと
ポリッシュされたボトムの対比がとても印象的です。


・MGMクォーツ ポリッシュ C1177 SOLD OUTとなりました。

・MGMクォーツ ポリッシュ C1178 SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-17 17:39 | 更新情報
2013年 05月 15日
「更新情報」 ワシントン産パイライトinクォーツ
b0182632_193258.jpg

b0182632_1931783.jpg

b0182632_1933912.jpg

b0182632_1935184.jpg

米国ワシントン州産のパイライトinクォーツを4点UPしました。

ワシントン州産のクォーツは、私も初めて見ました。
広大な自然を有するワシントン州なので、様々な鉱物資源はあると思うのですが、
一般の流通には乗りませんでした。

採掘の画像を送ってもらってわかりましたが、採れるは採れるのでしょうが、
一般の鉱物市場に流通させるほどの規模の産出量では無いのだと思います。
詳しい採掘の様子は一つ前のBlogをご覧頂くとして、
今回ご紹介するパイライトinクォーツはどれも素敵なクォーツです。

同じクォーツでも産地によって雰囲気が違うところが
自然の面白さですが、ワシントン産のクォーツは個人的にかなり気に入っています。
威圧するところ無く、静かに佇んでいるようなそんな優しい雰囲気のクォーツです。


・ワシントン産 パイライトinクォーツ 結晶 C1173

・ワシントン産 パイライトinクォーツ 結晶 C1174 ※SOLD OUTとなりました。

・ワシントン産 パイライトinクォーツ 結晶 C1175

・ワシントン産 パイライトinクォーツ クラスター C1176 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-15 19:04 | 更新情報
2013年 05月 15日
「ワシントン産クォーツの採掘現場」
b0182632_18485495.jpg

b0182632_18491020.jpg

米国ワシントン州は壮大な自然を有することから様々な鉱物が産出するそうですが、
主な産出のポイントは切り立った崖の壁面から産出するケースが多いそうで、
採掘には専門的な技術も必要で、大規模な採掘が行えないため
大量に流通させることは難しい産地のクォーツとなっています。
ですから一般流通に乗るようなことはほとんど無いのが現状です。

しかし、その独特な優しさを持つクォーツに惚れ込み、
困難な採掘を継続しているそうです。
採掘に携わっている人たちは土地を購入するのではなく、
“採掘する権利”を国から買って採掘をしているとのことです。

ですから、ひとつひとつ時間を費やして採掘されたものです。
それは採掘作業の画像をご覧になって頂ければわかることかと思います。
b0182632_18501071.jpg

b0182632_18503029.jpg

私が訪れたアーカンソー州の採掘現場と違い断崖絶壁を
ロープを使って降りて行きます。その後に掘削をするための機材を
ロープで降ろし、岩肌を機材で掘削しながら採掘を行います。
足場も不安定で狭いことから命綱を付けた状態での作業だそうです。
当然、落石の危険は常にあるでしょうし、まさに命がけの採掘といえます。
b0182632_18515510.jpg

b0182632_1852899.jpg

画像を見る限り、砕いた岩の奥にある土の部分にポケット(クォーツがまとまって眠るエリア)
があるようです。

アーカンソー州の多くの鉱山は人が乗って操作する大型の重機を使って
岩肌を掘削した後に、手作業での採掘を行うので広範囲の採掘が可能ですが、
ワシントン州のこの現場の方法では非常に時間と手間が掛かるのではないかと思います。
又、何処を掘るかは経験とカンだと思いますが、それでも時間を掛けて岩肌を砕き、
土を掘っても、結果クォーツが産出しないケースは多々あるでしょうし、
一体、一日採掘してどれだけのクォーツが採れるのでしょう。
とはいえ、だからこそ、長い間、人目に付かなかったクォーツが現れるのかも知れません。

アーカンソー、ブラジル、ヒマラヤ、ヨーロッパetc.
何処の産地とも違う雰囲気のクォーツに感じます。

この様な採掘状況ですので、これからどのくらいご紹介できるかわかりませんが、
大切に一点一点手掘りされた素晴らしいクォーツだと感じますので、
少しずつでもご紹介できれば嬉しく思います。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-15 18:55
2013年 05月 13日
「更新情報」 スギライトPT / ジェムシリカ
b0182632_188218.jpg

b0182632_1883292.jpg

b0182632_1884221.jpg

スギライトのPTを2点とジェムシリカのポリッシュを1点UPしました。

商品ページでもご紹介のようにこれらの石の研磨はアースラブ・ワークスの
塩原さんが行っています。そして一つ前のBlogでもご紹介しているように
ステビライズ加工はしていません。

スギライトのステビライズされたものは良く言えば艶っぽくて、
悪く言えばギラギラしてる気がしますが、このスギライトはどこか素朴な
感じがします。この辺は好みということでご判断下さい。

ジェムシリカは最初もっとクリソコラの部分があって、
両方の部分を楽しむのも良いかなと思っていたのですが、
ステビライズされていないので、触れているとボロボロと薄皮のようにクリソコラが
剥がれて来ました。そこで出来るだけクリソコラの部分を研磨して削ってもらいました。
でもかえってジェムシリカの涼やかな美しさが強調されて
美しい磨きになったと思います。


・スギライト PT C1170 ※SOLD OUTとなりました。

・スギライト PT C1171 ※SOLD OUTとなりました。

・ジェムシリカ ポリッシュ C11702 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-13 18:24 | 更新情報
2013年 05月 13日
「Stabilize(ステビライズ加工)について」
“Stabilize(ステビライズ加工)”は石の研磨の際に用いられる一般的な方法で、
クォーツ系のような硬度のある石ではなく、柔らかい石(水に浸すと染み込むような)に用いられます。

Stabilizeは安定させるというような意味で、まず専用の容器に石を入れます。
そして容器内の空気を抜き、真空の状態にします。それから高い圧力をかけて
粘度の低い接着剤のような液体を一気に石に染み込ませます。
それによって石の密度が高まり、強度を上げることが出来ます。

この方法の利点は柔らかく、脆い石でも欠けることなく研磨が可能になります。
手磨きが容易になったり、手磨きじゃないと欠けやすい石も機械磨きで
一度に大量の研磨が可能になったりします。
そしてこれによって効率良くポリッシュを作ることが出来ます。

もうひとつは、その液体によって、磨いた表面がコーティングされたようになり、
石が欠け難く、ツヤを出すことが出来ます。
色石の場合、その色の液体をしみ込ませる事で、石の色を濃くしたり、鮮やかにすることができます。
上から色を染めたものと違い研磨しても色は抜けないし、より自然な色の入り方になります。

柔らかい色石のビーズやカボションなどでは使われることが多い加工法だそうです。

柔らかい石というのは顕微鏡で拡大すれば細かい穴がたくさん空いているわけで、
その穴という穴に液体が注入されてしまうというのは、なんだか息苦しい感じがしますが、
「アクセサリー」という視点から見れば“より低コスト”で“より美しく”という
考え方なのでしょう。

ではステビライズせずに研磨された石は欠けやすいのかというとそうでもなくて、
ひとつの原石の中でも脆い部分と強い部分があります。
当然研磨する過程で脆い部分は削られていき、強い部分が残っていきますので、
完成されたポリッシュは強いということも言えます。

色合いに関しては食品の着色料もそうですが、人工的に色を加えたほうが鮮やかです。
それに慣れると自然の色合いを見たときに、とても地味に冴えない色合いに見えたりします。
 
ちなみにメロディさんの盟友ロバート・ジャクソン氏は
やはりステビライズ加工は行わないそうですし、研磨する原石を仕入れるときも
ステビライズ加工をされていないか確認してから仕入れると聞きました。

何が良くて、何が悪いかというのは個人の好み、考え方に寄ると思います。
「研磨した時点で人工なんだから、ステビライズしても問題ない」と
考える人がいてもおかしくないし、「そんなことをしたら自然とはいえないし、
石がダメージを受ける」と考える人がいてもおかしくないと思います。

又、“アクセサリー”の中の一つのジャンルとしての石のアクセサリーを捉えるのか、
“石”の中のひとつのジャンルとして石のアクセサリーを捉えるのかでも違うのかもしれません。

当ショップは基本的にクォーツ系の石が中心ですし、柔らかい色石、
しかも加工品を扱うことは少ないですし、扱ったとしても大体がメロディさん関連の色石なので、
流通経路がはっきりしているものがほとんどです。
ですから今までステビライズ加工についてお話しする必要も無かったのですが、
最近、アースラブ・ワークスの塩原さんが本格的に研磨を始めましたので、
当ショップでもクォーツ系以外の研磨品をご紹介するケースも
出てくるかと思い、お話させていただきました。

日本では「含浸処理」というキーワードで検索すると宝石に施した詳しい説明をしているサイトが
ヒットすると思います。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-13 18:02 | Comments(0)
2013年 05月 10日
「更新情報」 ジェミーロードナイト/アホイトw/tクォーツ
b0182632_18301226.jpg

b0182632_18302358.jpg

ジェミーロードナイトのポリッシュとアホイトwithクォーツの原石をUPしました。

ジェミーロードナイトはご存知グランドフォーメーションの石のひとつで、
アースラブ・ワークスの塩原さんの手によって磨かれました。
仕入れをお願いしていたのですが、最近は中国産のジェミーロードナイトばかりで
ブラジル産の良質なものが少ないとのことで、一点のみの入荷です。

アホイトwithクォーツはアホイトにクォーツが内包された感じの
原石ですが、ブルー~グリーンの鮮やかな色合いはいつ見ても鮮烈です。


・ジェミーロードナイト ポリッシュ C1168 ※SOLD OUTとなりました。

・アホイト with クォーツ 原石 C1169 ※SOLD OUTとなりました。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2013-05-10 18:37 | 更新情報



Mt.アイダの鉱山にてクリスタルを採掘をする店主
by web-natureworks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧