カテゴリ:更新情報( 717 )
2017年 04月 13日
「更新情報」 ナスカ クォーツ
b0182632_16535974.jpg
b0182632_16535335.jpg
b0182632_16535189.jpg
ナスカ クォーツの結晶を3点UPしました。

ペルーのナスカの地上絵が見られるエリアで産出したクォーツで、ややグレーがかった白く不透明な色合いと形状は
キャンドルクォーツを想起させます。
地上絵は岩や砂利、砂などで構成されているそうですが、このクォーツも一部使われているとのことで、
単に偶然とも考えられますが、特定の意味合いがあって、計算されて配置されたとしたら
なんだかワクワクします♪






by web-natureworks | 2017-04-13 17:00 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 04月 11日
「更新情報」 レインボーボージャイ フィギア8
b0182632_17405297.jpg
b0182632_17405156.jpg
レインボーボージャイ フィギア8のシングルを2点UPしました。

ボージャイの中でも独特の雰囲気を持つフィギア8ですが、キラキラとした姿がより個性的なレインボーフィギア8です。
一般的な使い方はノーマルのボージャイと変わりませんが、それでもフィギア8の持つ独特の気の流れは、
ノーマルのボージャイとは違った面白さがあると思います。
円形のボージャイには無い「縦置き」「横置き」という選択で体の上に乗せてみると面白いと思います。









by web-natureworks | 2017-04-11 17:49 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 04月 06日
「更新情報」 エピドットin Q /トルマリンin Q /ゴールドルチルin Q /フローライト
b0182632_17532263.jpg
b0182632_17532401.jpg
b0182632_17532601.jpg
b0182632_17532784.jpg
エピドットinクォーツのファセットカット、トルマリンinクォーツのファセットカット
ゴールドルチルのルース、フローライトのルースの4点をUPしました。

どれもロバート・ジャクソン氏のオールドストックからの一品です。
さすが、どの石も良質のポリッシュドクォーツばかりです。
ワイヤーが巻ける方はPTにしても良いですし、
瞑想やクリスタルワークに取り入れても、メインとなってくれるような
パワフルな石ばかりです。







by web-natureworks | 2017-04-06 18:01 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 04月 03日
「更新情報」 レッドパッション・クォーツ ルース 
b0182632_18300575.jpg
b0182632_18303435.jpg
レッドパッショクォーツのルースを2点UPしました。

先日に引き続きましてのルースのご紹介です。
手にして、そして撮影していると、独特のクォーツだなと感じます。
そしてやはりその印象はスーパーセブンが持っている感覚と共通する部分があります。
複雑に感じるときと、整ったシンボルのように感じるときと、
フォーカスの仕方で違った印象を感じる部分が似ているのかもしれません。









by web-natureworks | 2017-04-03 19:01 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 03月 31日
「更新情報」 リチウムinクォーツ ファントム / アパタイト 結晶
b0182632_16071593.jpg
b0182632_16071749.jpg
リチウムinクォーツ ファントムの結晶とアパタイトの結晶をUPしました。

クリアークォーツの中にリチウムの赤系のファントムと白いファントムの二つを
内包したクォーツです。リチウムの色が反射して、全体をほんのりと赤く色付けされたような
色合いはとても優しく、気分を落ち着かせてくれます。
又、6面全てに見られるレコードキーパーも神秘的です。

アパタイトはディープブルーの色合いの結晶もありますが、
こり結晶はブルー~グリーン系の軽やかな感じの結晶です。
クォーツではないのでイシスとは呼びませんが、
五角形のファセット面はとてもユニークで個性的です。






by web-natureworks | 2017-03-31 16:21 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 03月 29日
「更新情報」 レッドパッショクォーツ ルース/PT
b0182632_14584968.jpg
b0182632_14585295.jpg
b0182632_14585420.jpg
レッドパッションクォーツのルース1点とPT2点をUPしました。

昨年、スーパーセブンの鉱山だったエリアから程近いエリアで見つかったレッドパッションクォーツです。
ヘマタイトをメインとしてアメジストやカコクセナイトetc.を内包したエネルギッシュなクォーツです。
どれも力強く拡散していくイメージで、熱を感じるクォーツだと思います。
いわゆる〇〇inクォーツ系のものとは一線を画す雰囲気があって、興味深いです。








by web-natureworks | 2017-03-29 15:28 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 03月 26日
「更新情報」 サイレント・グローブ・スペクターズ 結晶
b0182632_15162251.jpg
b0182632_15163226.jpg
サイレント・グローブ・スペクターズを2点UPしました。

「サイレントグローブ・スペクターズ」はなんだか長い名前ですが、商標登録されている名前だそうで、
わかりやすく言うと「スモーキー・アメジスト・ファントム」という感じでしょうか。

オーストラリア・ニューサウスウェールズのとある農園で
ある日、敷地内にあった古い大木が根こそぎ倒れたそうで、
(嵐か何かが原因のようです。)
その根に付着した土の中から、美しいスモーキークォーツが見つかったそうです。

多分、根が地中深くまで伸び、ちょうど水晶の鉱脈にたどり着いたのでしょうね。
その奇跡的な産出方法から「Silent Grove Spectres」(静かな農園の幽霊)と
名付けられたのでしょう。幽霊とは美しいファントムを指しているのだと思います。

現実的には考えられうることですが、それでもやっぱり自然の神秘ですね。
当然のことながら場所は農園ですから、一群の結晶が採れた後は採掘はしていないと聞きました。

このクォーツが話題になったのは7年ほど前で、当店でも1点だけ入荷しましたが、
すぐに売れて、それ以降の入荷はありませんでしたが、
当時のストックが見つかったとのことで、今回、少量入荷しました。






by web-natureworks | 2017-03-26 16:41 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 03月 22日
「更新情報」 ボージャイ(ボージー) フィギア8ペア
b0182632_18120059.jpg
b0182632_18120296.jpg
b0182632_18120401.jpg
ボージャイ フィギア8のペアを3ペアUPしました。

先日もご紹介いたしましたが、先日の仕入れで、フィギア8のペアを数点仕入れることができました。
普段、仕入れに行ってもフィギア8のペアは無いときがほとんどなので、
とても珍しいことなのですが、このようにご紹介できることを嬉しく思っています。

3点、全て小さなフィギア8のペアとなります。
このサイズでしたら普段、持ち歩くことも負担になりませんし、
フィギア8の独特の感覚を試していただけたらと思います。

・ボージャイ フィギア8 ペア C1982 ※SOLD OUTとなりました。

・ボージャイ フィギア8 ペア C1983 ※SOLD OUTとなりました。





by web-natureworks | 2017-03-22 18:59 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 03月 20日
「更新情報」 トライゴーニッククォーツ /シトリンカテドラル トライゴーニック
b0182632_15255329.jpg
b0182632_15255897.jpg
トライゴーニッククォーツとシトリンカテドラルのトライゴーニックをUPしました。

トライゴーニックのC1980は形成過程の関係で結晶の各エッジが丸くなりがちなトライゴーニックですが、
この結晶は人によっては気が付かないくらいのレベルできれいにエッジが残っています。
又、結晶自体の透明感も高く、▼の数の多さも含め、とても完成度の高い極上のトライゴーニックと言えます。

シトリンカテドラルのトライゴーニックC1981はシトリンカテドラルにトライゴーニックが見られるという
珍しさに加えて、ファセット面によってはレコードキーパーが見られ、ひとつの結晶に
トライゴーニックとレコードキーパーの両方が見ることが出来るというとても稀なクォーツとなっています。






by web-natureworks | 2017-03-20 15:45 | 更新情報 | Comments(0)
2017年 03月 16日
「更新情報」 ホワイトアメジスト ポリッシュ
b0182632_18095318.jpg
b0182632_18095682.jpg
ホワイト・アメジストのポリッシュを2点UPしました。

ホワイトアメジスト(白い紫水晶)というと変な感じですが、太陽からの紫外線によって
紫の色合いが抜けてクリアクォーツに戻ったものです。
変化の過程は推測に過ぎませんが、地中にあったアメジストが幾度もの地殻変動によって
元々のクラスターで岩盤に付いている状態から折れ、それが紫外線の届く
地表まで押し上げられた状態で、長いときを経たことにより、紫の色合いが
抜けたのだと考えられます。

C1978とC1979を比べるなら、僅かにC1979のほうが極々薄い紫が残っているかもしれませんが、
それは紫と認識できるほどではないです。

そして普通のクリアクォーツとは明らかに違った雰囲気があります。






by web-natureworks | 2017-03-16 19:50 | 更新情報 | Comments(0)



Mt.アイダの鉱山にてクリスタルを採掘をする店主
by web-natureworks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧