2011年 04月 20日
「ボージャイ・ストーン(ボージーストーン)(3)」
b0182632_21453313.jpg

b0182632_21455062.jpg

上段の写真、ゴツゴツしたほうが男性石と呼ばれ、下段、ツルツルしたほうが
女性石と呼ばれます。

まず名称についてですが、日本での一般的な名称は「ボージーストーン」です。
しかしボージャイの守護者であるカレン自身は「ボージャイストーン」と発音します。
EARTH-LOVE WORKSの塩原さんがカレンと出会い、この石の流通を始めたときには
すでに日本でも「ボージーストーン」という名称で流通していました。
当時はそれに準じる形で「ボージーストーン」として流通させていましたが、
当Blogの「ボージャイストーン(1)」をお読みいただければわかるように
この石の由来は彼女が小さい頃に遊んでいたワタリガラスの「ボージャイ」という
“音”から始まり、その後、Bojiというスペルが付けられたわけです。

ですから、カレンの音(言霊)を大切にするため、今後は「ボージャイ」という
名称で流通させることになりました。

一般的な使い方としては男性石を体の左側、女性石を体の右側に配置したり、
体の上に乗せたり、また握ったりして使用しますが、この辺はあくまで感覚的な
ことなので、絶対にそうしなければならないというルールではありません。

私も店舗を運営していたときにはたくさんのボージャイを販売しましたが、
使い方についてはお客様からもたくさんの声をいただきました。
以下、当時、実際にお聞きしたお客様の使用方法です。

・電車や人ごみに行くときにGパンの左右のポケットにそれぞれ入れて
 出かけたら人酔いせずに落ち着いていることが出来た。

・夜はもちろん、仮眠のときにも左右の手にそれぞれ握って寝ることで
 深い睡眠が得られた。もちろん起きる頃にはどこかに転がっているけど、
 クリスタルの結晶と違って、欠けないので安心して使えた。

・瞑想のときにそれぞれを左右の手に握って行うと、
 普段より浮かんでくる雑念が減った感じで瞑想に集中できた。

などは誰でも簡単に試せる使い方だと思いますし、
面白い使い方としては

・パートナーとひとつずつ、男性は女性石を、女性は男性石を普段から
 持ち歩くことで、つながりをより感じられるようになった。

それからボージャイの特徴のひとつとして、
他のヒーリングメソッドの邪魔をしないんですね。
ですからヒーラー、鍼灸師、カウンセラーの方々にもとても好評でした。

・ヒーリングをするときにクライアントさんに左右の手にそれぞれ握ってもらって、
 それから普段のヒーリングセッションを行うと、ヒーリングがスムーズに進んだ。

・初めてカウンセリングに来られるクライアントは大体緊張しているのですが、
 ボージャイを握ってもらいながら、話を始めたらクライアントの緊張が解けるのが
 いつもより早く、リラックスしてセッションを受けてもらえた。

などはセッション活動をされていらっしゃる方にはとても便利な石だと思います。

それからサイズに関してですが、持ち歩くのでしたらSサイズがピッタリですし、
手に持って瞑想したり、ヒーリングに使うのでしたらMサイズが握っていて
存在感もしっかり感じられて、しっくり来ます。
それからLサイズ以上は握るというより、床なりに置いて、人と空間を含めた
大きなエリアのために使用するのが良いと思います。

b0182632_22204197.jpg

レインボーボージャイ

通常のボージャイは黒、または茶色っぽい黒をしていますが、極稀にキラキラと輝く
虹色の成分が表面に付着していることがあります。
レインボーボージャイと呼ばれ、大体はペアではなく単体で流通しています。
レインボーボージャイの特徴のひとつとして、男性石のようにはっきりと
ゴツゴツもしていなくて、かといって女性石のようにツルツルしている
わけでもなかったりします。
丁度、中間のような形状を見ることが出来ます。

レインボーボージャイは男性性と女性性のエネルギーor陰と陽を併せ持った
特別な存在として扱われてきました。
普通のボージャイが、より肉体に近い層のオーラを整えるとしたら、
レインボーボージャイはもう少し肉体から離れた、精妙なエリアを整える
とも言われています。

レインボーボージャイの単体が採集されることも珍しいのですが、
さらに稀にペアとしてカレンによって採集されるレインボーボージャイがあります。
それぞれ両極の特性は併せ持っていますが、その中でも男性性(陽)に近いものと
女性性(陰)に近いもののペアになっています。

一般的なボージャイの使い方と同じで構いませんが、
より霊的な部分、深い部分に影響を与える強力なボージャイです。

毎年、採集に同行しているEARTH-LOVE WORKSの塩原さんの話によると
ここ数年、ほとんどレインボーは採れなくなっているとのことです。

そういう意味でも、近年、ますます希少になってきているレインボーボージャイです。


Web-Shop ネイチャーワークスのトップページはこちらから。
by web-natureworks | 2011-04-20 22:42 | ボージャイ(ボージー)ストーン
<< 「更新情報」 MGMクォーツ ... 「ボージャイ・ストーン(ボージ... >>



Mt.アイダの鉱山にてクリスタルを採掘をする店主
by web-natureworks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧